サイト内検索

加圧トレーニングのメカニズム

ホーム > 加圧トレーニング > 加圧トレーニングのメカニズム

加圧トレーニングのメカニズム

加圧トレーニングとは、専用のベルトを腕の付け根や脚の付け根に巻きつけ、適切な圧力を掛けた状態で行うトレーニングです。そんな加圧トレーニング最大の特徴は、軽い負荷、短時間で効果を発揮することです。10分~20分程度の時間トレーニングするだけで、すぐに効果が表れてきます。

適正でない加圧をすると危険です。必ず資格者の指示を仰いでください。

専用のベルトで血流の動脈側をほどよく制限し、静脈側を強めに制限することで、腕や脚に血液が滞留し、普段は使わない毛細血管にまで血液が流れるようになります。

加圧トレーニングを行うと、負荷が軽くても筋繊維の動員率が高まったり酸素不足となることで、血液中にある乳酸濃度が急激に上昇します。
加圧して多くなった乳酸が、筋肉内にある受容体(生物の体内にあって、外界や体内からの何らかの刺激を受け取り、情報として利用できるように変換する仕組みを持った構造)を刺激し、脳下垂体から成長ホルモンの分泌を促進させます。

増加した成長ホルモンは体脂肪を燃焼させ、血中に放出します。さらに体内を循環した成長ホルモンは、身体組成の様々な働きに効果的な影響を及ぼします。

加圧トレーニングによる効果

加圧トレーニングでは様々な効果がありますが、その中でも代表的な効果をご紹介します。

アンチエイジング効果
アンチエイジング効果

加圧中は、血流が制限されるため、筋血管内の乳酸濃度が急激に高まり、筋肉内の受容体を強く刺激します。この受容体からの信号が、ホルモンを分泌させる脳下垂体への作用を促して、成長ホルモンなどが大量に分泌されます。

この成長ホルモンによって身体組成の様々な働きに効果的な影響(アンチエイジング効果、美肌、身長が伸びる、育毛、老化防止、肥満改善、長寿効果)が期待できます。

血管の若返り・血行促進
血管の若返り・血行促進

血管は年を重ねるごとに硬くなっていき、血液を送る力が弱くなってきます。加圧トレーニングを継続的に行うと、血管の硬さ・やわらかさを調整する一酸化窒素が分泌されるようになり、血管内皮細胞が若返り、増加するという臨床研究データが出ています。

また太い動脈と静脈の両方が通る腕や脚のつけ根部分を加圧すると、心臓より上部は一時的に血流が減少した状態になります。すると脳は危機を感じ血流を増やすよう心臓に指令を出します。こうして加圧と除圧を繰り返すことにより、毛細血管の数が増えることで血行がよくなります。

速筋と遅筋
筋力アップ

筋肉は主に速筋と遅筋の2種類があります。通常、速筋は重い負荷のトレーニングで鍛えられ、遅筋は軽い負荷のトレーニングを長時間続ける必要があるため、通常2つの筋肉を同 時に鍛えることはできません。
しかし加圧トレーニングでは、加圧しているために血流量が充分ではなく、すぐに活動を始めた遅筋の酸素が足りなくなります。 これは、大きい負荷の運動を行っているのと同じ状態を人工的につくり出しているということです。
そのため、通常はなかなか活動を始めない速筋が大きい負荷 を受けたと脳が錯覚して、すぐに活動を開始するよう指示を出します。
加圧トレーニングでは、軽い負荷で速筋と遅筋を同時に鍛えることができるのです。


加圧トレーニングの注意点

加圧ベルト以外のもので血流を制限するのは危険なため、必ず専用の器具を使用します。

加圧ベルトを巻く位置は脚のつけ根と二の腕が最適ですが、同時に巻いてはいけません。

加圧ベルトを素肌に巻くと肌がかぶれてしまう恐れがあるため、必ずトレーニングウェアの上から巻きます。
そのためトレーニングウェアをご持参いただく場合は、必ず袖のあるTシャツ、太ももが隠れる長さの短パンかジャージをお選び下さい。

適正でない加圧をした場合には思わぬ危険を招く可能性があります。必ず資格者の指示のもと、トレーニングを行ってください。

上へ戻る